神話を信じればこその悲喜劇だ。

  • By asmile
  • 27 5月, 2014
  • コメントは受け付けていません。

「一度寝たら、女は弱い。もうこっちのもの」。これもすべてに当てはまるものではない。これまた三十代の女性だが、この人「別に「千人切り」をしたい訳じゃあないのよ」といいながら、ナゼか一人一遍のセックスを繰り返している。「寝るでしよ。その時はそれなりにイイのだけど、でも何か違うのよ。私の求めるものとは。
だから、ダメになっちゃうの。
もしかして私って不幸かしら」と全然不幸でない顔をして言う。「男のほうこそ最大の侮辱じゃないかしら。
ベッドインした女から二度と電話が入らないのって」と彼女のまわりの女たちはいう。この女性を見ていると、「女は一遍寝れば、コッチノモノ」の嘘が見えてしまう。
「一度でポイ」された男たちは、忘れられなくって電話を入れたり、食事に誘ったりしている。以前には恒常的な恋人もいた。
「ナゼか今はフィーリングが合わないのよ」と言いつつ、言い寄る男たちの間を泳いでいる。惚れたはれたでやってきて、本当にコリちやったもの。
お互いに独占したりされたりしたいでしよ。それに男は一度寝ると急に態度が大きくなったり、ズウズウしくなってアパートに来たがったりいろいろなのよ」
そういうウットウシサが本当にイヤになったという。「だから今の一人一遍も悪くないの。私は、自分の世界と自分の生活が一番大事」と語る。
誰にも邪魔されたくないというのも、それだけ自分の人生をつかんでいるからだろう。
「そのうちに邪魔してもらいたい相手が出てくるだろうと思うわ」とアッケラカンとしている。
今のセックスライフで終わるつもりもないが、それまで欲望のおもむくままに男性と楽しむという。
この女性は三十九歳のOLである。専門職で、給料も良い。有名女子大を卒業後、一流企業のOLになったが、仕事のつまらなさにヘキヘキ退社。
しばらくの間外国を歩いたり、勉強したりして、三十四歳で今の仕事に出会った。極め付きのイイ女である。
二十九歳から、恋人のいない時はなかったが、今は一人一遍。「私は欲求の強い方だから、こうなるのも自然だと思うわ。
昔、男の独身者にこんな人がいたと思うけど、それと同じにとらえてくれればいいわよ。象なが考えているほどカッコ良くもないし、また悲惨だとも思っていないの」
結婚を真面目に考えているのなら、こちらで探すと良いでしょう。きっと素敵な結婚相手があなたを待っています。

出典:

Categories: 結婚

Comments are closed.